HOME > 治療 > 虫歯

虫歯

先に述べているように、歯科治療は不確実性を伴います。
歯科治療は不確実であるという前提での虫歯治療は、どのように考えるべきでしょうか? 治療が不確実ということは、いつか再治療する可能性があるということになります。 そこで考えるべきことは、
① 再治療までの期間を可能な限りのばすこと。
② 再治療が必要となった時に、歯へのダメージが最小限であること。
の2点に尽きます。
私は、基本的には極力削らない治療がメリットが大きいケースが多いと考えています。 なぜならば、①と②のバランスやその他の要素を考えたときに、そうなることが多いからです。 逆に言うと、削らない治療が必ずしも良いとは限りません。患者さんによってはメリットにならない場合もあるのです。
結局は、しっかりとした思考のもとでの治療が大切であるということです。 

 
[%category%]

[%new:New%] [%article_date_notime_dot%]

[%title%]

診療時間 日・祝
9:30-13:00 ×
14:30-19:00 ×
14:00-17:00 ×
△ 祝日がある週のみ通常診療(祝日のない週は往診のみ) ×休診日
〒064-0918 札幌市中央区南18条西17丁目2-24
予約制  011-520-9202